デザイン|【公式】グランドパレス百道|福岡県福岡市早良区|第一交通産業 福岡支社の新築マンション

デザインDESIGN

ARCHITECTURE
「ここにしかない」
暮らしを求めた永住邸宅

伝統や格式を受け継ぎながら、同時に新しい時代の訪れを感じさせる街、百道。
この街に相応しい邸宅の姿として、私たちはその佇まいから棟配置、植栽計画、照明計画など、
あらゆる角度から「どうあるべきか」という問いかけと細かな吟味を積み重ねました。
まずは周辺の邸宅街の街並みに溶け込みながらも、その圧倒的な存在感を主張するファサード。
低層5階建てという安定感を重視しながら、奥ゆかしさのある表情を持たせることで、時を経ても色褪せない、普遍的な建築美を目指しました。
一方で敷地内においては、プライバシーの確保を最重要項目とし、一歩足を踏み入れれば外界を忘れ、充足に満たされる時間をご満喫頂けるよう、
専有部はもちろんのこと、共用部においても工夫と配慮をちりばめています。
「ここだけにしかない」快適性を叶えるために。全国で381棟を供給してまいりましたパレスマンションシリーズが、その集大成としてお贈りする永住邸宅、
それがグランドパレス百道なのです。
※2020年11月現在

グランドパレス百道
設計・監理
株式会社久保建築設計 一級建築士事務所
一級建築士 久保 隆一氏

北九州市出身。成蹊大学法学部卒業。木村敏夫建築設計を経て現在に至る。
個人住宅から集合住宅、商業施設まで幅広く手掛ける。

FACADE
確固たる存在感を湛える佇まい。

垂直と水平。シンプルな直線の美しさを存分に引き出し、建築物としての完成度の高さを感じさせる外観。
一方で使用するマテリアルのカラーや素材にコントラストを持たせることで、
堂々とした、奥行のあるフォルムが一層引き立ち、単調に収まらない、麗容で端正な表情を演出。
選ばれし方々にこそ相応しい、邸宅としての品格を纏う建築美を描き出しました。

PUBLIC SPACE

ここに暮らすことが
歓びとなり、誇りとなる。

ENTRANCE APPROACH

閑静な邸宅街の中で、ひときわの存在感を醸し出すグランドパレス百道のエントランスアプローチ。
潤い豊かな植栽に縁取られたその佇まいは、ここが特別な場所であることを無言で語りかけてくるかのようです。
時を経ても色褪せることのない普遍的な建築デザインと、落ち着きのある色調でまとめながら、
それぞれの上質な持ち味が活かされたマテリアルの数々が調和し、
誇りをまとう邸宅の顔として、迎賓に相応しいファサードを描き出しました。

四季を愛で、静けさに憩う、
風雅なる日常。

ENTRANCE HALL

余計な装飾を削ぎ落とし、直線の美しさを最大限に活かすことで、
上質な静けさに満たされた空間を創出したエントランスホール。
正面にはシンボルツリーであるイロハモミジの木が鎮座する中庭を臨むことができます。
品の良い色調でまとめられた造形に、大きなガラスウォールを通して外界の柔らかな光が射し込み、
開放感や爽やかさに彩られる幸福な時間を演出します。

COWORKING SPACE

エントランスホールに隣接するコワーキングスペースは、
住人の方々が自由にお使いいただけるシェアスペース。
リモートワークの場としてはもちろん、
新聞や雑誌を読む際、出勤前のメールチェックなど
多忙な毎日を快適にサポートする書斎のようにお役立ていただけます。

HALLWAY

共用廊下はホテルライクな内廊下式。
床がカーペット敷なため、足音が響きにくく、静かな環境を保ちます。
また、エアコンを設置しており、外の天気や気温に左右されることなく、
快適な環境とプライバシーを確保します。