コンセプト|【公式】グランドパレス百道|福岡県福岡市早良区|第一交通産業 福岡支社の新築マンション

百道悠邸 百道悠邸

唯一無二の人生に贈る、矜持の邸。

人口160万人を超える大都市、福岡市においても、数少ない憧憬の地である百道。
歴史と先進、文教、利便....あらゆる快適性を網羅する地の格に相応しく、
重厚で風格に満たされた建築に、品格と洗練を纏わせ、
高い次元で集合邸宅の理想型を実現させたグランドパレス百道。

変わりゆくもの。

 変わらないもの。

福岡博多及郊外地図 福岡県立図書館所蔵

悠久歴史未来を目の前に暮らす
「ここにしかない」生活舞台を

遥か昔、干潟だったこのエリアを往来する人々の足跡を表した、「百の道」が由来と言われる百道。
海岸沿いに広がっていた風光明媚な松林の一部を伐り払い、福岡城下町、西の武家宅地として栄えたエリアです。
明治・大正期には「修猷館」「西南学院」が西新へ移転。その後、軌道・鉄道も開通し、
戦後は商店街や大型店が軒を連ねる、福岡市ウエストエリアを代表する副都心として、役割を担うようになりました。

百道3丁目は、1980年代に埋め立てられた
マリナ通り以北の新たな地区を目の前にしながら、
当時の面影を伝える松の木が残り、
今も続く重厚な歴史の余韻の中に、文教の地としての誇りが息づく地。
いにしえの風情を受け継ぎながら、常に新しい文化や感性を受け入れ、
次の時代へと昇華させてきた場所です。

変わりゆくもの。
変わらないもの。
革新であり、伝統
進化であり、継承

『不易流行』の本質が宿る地を舞台に、知と格が織りなす憧憬を手中にする邸、
「グランドパレス百道」が新時代への物語を綴りはじめます。

【不易流行】

いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中に、
新しく変化を重ねているものを、取り入れていくこと。
また、新味を求めて変化を重ねていく
流行性こそが不易の本質であること。